So-net無料ブログ作成
検索選択

熱中症予防の水分補給の仕方?! 2008.07.28 [Mail Magazine Daily News]

全国的に梅雨もあけ、学生たちは夏休みにはいりました。

近畿地方の梅雨明けは祇園祭の宵宮16日でした。
通常、京都は祇園祭の山鉾巡行が終わると同時くらいですので
今年は1~2日早い感じでした。

梅雨明けと同時に、連日35度を越える猛暑日の連続で、
京都では37度を越えています。

特に今年の暑さは尋常じゃないほど術後の身体にこたえます。
日差しが強くても空気が乾燥していると、日差しを避けて
日陰にはいるとさほど暑さも感じませんが~

湿度が高い京都の蒸し暑さは、たとえ室内にいても、湿度が
全身に纏(まと)わりつくよに堪(こた)えます。

まさしく、湿度の高いサウナの中にいるように汗が吹き出て
体力を奪います。
屋内にいても熱中症で倒れるのがよくわかります。

こまめな水分補給が必要ですね。

ただし、アルコールやカフェイン入り飲料は利尿作用が強いため
水分補給にはならないそうですね。

これだけ暑いと冷えたビールに手がいきますが、ビールはいくら
飲んでも水分補給にはなりませんのでお気をつけください。

むしろ、アルコールやカフェインを飲んだらその倍の水分補給が
必要ともいわれます。

でも、一度に大量の水道水やミネラルウォーターの飲みすぎは
逆に吸収されにくく腎臓に負担をかけるだけ
できればポカリスエットのように吸収しやすいものをこまめに
摂るようにするのがいいそうです。
目安は1回に150~200mlくらいだそうです。




10545508.jpg
nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。